献血センターナースのやりがいとストレス

ホーム

友人に献血の看護師で頑張っている人がいま

友人に献血の看護師で頑張っている人がいますが、けっこう給料が高いと羨ましがられています。
しかし、献血の看護師の仕事は、夜間勤務もあって、規則正しい暮らしを送りづらく、女性多数の献血センター環境だったりして、ストレスや悩みは日常茶飯事といわれています。



そのようなことを考慮すれば高いといわれる給料も当然でしょう。


献血の看護師の働く場所は医療機関ですから、勤務時間が多様です。それが原因で、安定してお休みが取れないといった難題があるでしょう。献血の看護師は医療機関にしてみると欠かせない存在ですが、働いている側の本音としては悪いと言わざるを得ない職場であるケースが多々あります。日本全国の献血の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。



しかし、国立や私立や県立等の公立献血センターで働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給料UP率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。



準看護師の場合、献血の看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。

立場は違いますが、正献血の看護師と準献血の看護師の仕事の内容には、大差は見当たりません。ですが、準看護師というのは、医師、もしくは、看護師からの指示があって業務を行うことを定められていて、どうしても、仕事では常に看護師が上になります。


年収では、それぞれ献血センターによって規定があり、一般的には、差があります。


献血の看護師の働き先といえば、献血センターだと思うのが普通でしょう。

でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にもいっぱいあります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の役割です。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為は献血の看護師が行うことが多いです。


看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、インターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には表に出ていないものもたくさんあります。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、求人元を「気風」という点からも検討できます。なんとなく言うのが憚られる労働条件の相談を依頼することも可能です。
ツアー旅行や修学旅行等に同行し、病気や怪我などの応急処置や献血センターへの手配をする献血の看護師もいます。

子供がいる結婚している人は土日の休日があったり、夜勤なしという勤め口を乞うているものです。



献血センター以外のところで勤務するには、その場面に最適な専門知識を持っている認定献血の看護師や専門看護師の資格があることにより、雇用がされやすくなります。高校進学の際に衛生看護科に入学すると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても変えることは難しいです。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、試験までの期間が短いために試験に向けた勉強や実習が不足するために簡単には試験に合格できないという面もあるようです。

献血の看護師が別の病院で働きたいと思う場合

献血の看護師が別の病院で働きたいと思う場合にも、公共職業安定所で相談したり、求人情報誌などに目を通して他の献血センターを探すのが多くの人がしていることだと思います。

でも、気をつけなければいけないのはこうした機関で人を募集する病院というのは多くはありません。献血センターが、ハローワークや求人情報誌などで求人している場合、労働条件や職場環境がよくなくて応募してくる看護師さんが少ない献血センターがほとんどです。ほとんどの献血の看護師にとって、仕事が楽な病棟としては、採血室が知られています。
透析、採血、献血などの限られた業務のみを行う診療科といえます。


身近な存在である献血センターもこの例に該当します。
基本的には、同じ作業の繰り返しで採血がうまくできるようになりますし、人命にかかわるようなこともあまりありません。

どの科でも採血を必要とするケースが多いので、どの科に配属されても役に立ちます。
日本の平均寿命は伸びる傾向にあり今は超高齢化社会になっていきました。そんな状況下で、需要が高まる職業が看護師と介護士、医師です。



全て専門知識、特殊な技術が必要な仕事で、誰でもできる仕事ではありません。これらの職業人の育成に関して政府は今よりも、真剣に考える必要性があると思います。献血の看護師として働いている人は、数万人存在しますが、それに反して、資格を取得していながらも、就職していない人が五十万人以上いると予測されています。全国で四万人の献血の看護師が不足していると考えられているので、それだけいる50万人の中の数%の人でも職に就くことができれば、この問題も少しは解決できると考えます。献血の看護師が技術力をつけようとしたり、医療経験を積み、能力の向上をするには色々な方法があります。今、勤めている職場から自分を活かせるような他の献血センター、医療施設などで働いてみるのも方法の一つでしょう。あるいは、最新技術、さらに幅広い知識を自分のものにするために看護にちなんだ資格を取得するのも1つのスキルアップの方法といえます。


献血の看護師転職サイトで自分に合うものを見つけ出すためには、第一に自分の希望をちゃんと把握しておくことが大事なことなのです。
深く考えることなく、「さぁ、転職!」と思い描いているだけでは、自分に合う新しい職場など見つけられるはずがありません。看護師国家試験に受かるよりも、看護学校の卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。

看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出が遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年だそうです。

それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、できれば、献血の看護師の職についてもらいたいですね。



一般に、正看護師と準看護師の仕事については、大差はないです。
ただ、準献血の看護師においては、医師、もしくは、看護師からの指示があって業務をするように、決められているため、仕事の際には、正献血の看護師の方が上です。



年収に関しては、病院ごとに定められていますが、差があるのが一般的でしょう。

ツアー旅行や修学旅行等に同行

ツアー旅行や修学旅行等に同行し、病気や怪我などの応急処置や献血センターへの手配をしてくれる献血の看護師もいます。

結婚してお子様のいられる方は土日の休日があったり、夜勤のない職場を希望しているものです。献血センター以外の場所で勤務するには、その場面に最適な専門知識を習っている認定献血の看護師や専門献血の看護師資格があると、雇われやすくなります。どんな仕事でも、業界用語があるものです。任務をスムーズにこなすためなどの理由で様々なその業界にしか通じない言葉が使用されています。
看護を職とする方でも同様に業界用語が利用されています。例えば、心マは心臓をマッサージすること、ギネが女性専用の科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションなど、多くのその仕事でしか通じない言葉を使用して業務を進めています。
献血センターに勤めている献血の看護師は、数万人いますが、それに反して、看護の、資格を保有していながらも、職業としていない人が50万人以上いると認識されています。日本で4万人のナースが不足していると推測されているため、その五十万人の中の、ごく少数の人でも職業として働くことができれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。献血の看護師が転職を考えるきっかけは、人間関係といった人が多くいます。女の人が大半を占める献血センターですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。その時、パワハラやイジメが転職しようと考える原因といった人も出てきています。
厳しい環境の中で無理して働いていると、健康を損ないますから、早いうちに転職した方が吉です。

看護師は、16時間などの当直により長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとることが可能です。国の指針により月に8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。働いている献血センターの勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になる人が多いのも、献血の看護師が高い割合で離職していく理由の一部かもしれません。


献血の看護師の転職サイトは、献血の看護師向けですから、どこにも載っていないような求人情報を紹介してくれる場合もあるみたいです。

加えて、転職情報のみでは知りえない転職先がどのような雰囲気なのかまで知ることができます。


転職後、失敗したと思わないためにも、献血の看護師の転職サイトを使ってみてください。看護専門学校へ3年間在学し、国家試験を受けるにあたって要する資格を得られるのです。

このやり方で免許を取得しようとする人が最も多いのです。

実際に病院でする実技演習が他の学校などよりも多いということもあり、勤め先でも割と簡単に業務をすることができます。

私の友達の献血の看護師が仕事をやめようか続けようかで迷っていると相談されました。彼女はちょっと前に結婚したのですが変則勤務で土日休みの夫と休日が合わないので、顔を合わせる機会が少ない生活が多いそうです。



当然、出産して、子育てしたいと思っていますし、でも、今の仕事は続けていきたいと追い込まれていました。

看護師は常にスマイルを保つことが大切なのです。来院者は

看護師は常にスマイルを保つことが大切なのです。来院者は不安を持っているということが多数であったりします。
ナースが笑顔でいれば心配を忘れられます。
常にニッコリ笑顔で接することを意識しましょう。ナースの年収は高いと思われている方もいるでしょう。
しかし、夜勤がなければ、それほど稼ぐことができず、1年の収入が低いということがあるのです。

それ故、独身だと夜の業務がある献血センターで働いて稼ぎ、成婚後は夜勤のないクリニックに再就職する人も多数見られます。献血の看護師というのは今でも常に人手が不足していることが叫ばれています。


この人手不足をどうにかするには、献血の看護師の資格を持っていながら何かしらの理由で、看護の仕事から離れている人に、再度、献血の看護師として働いてもらうことが良いと感じられます。
それには、柔軟な働き方が可能なように、医療機関が良くない部分を改めていくことが大切です。

毎年、多数の人が看護roo!を利用して、転職の夢が叶っています。
なにしろ、看護roo!は厚生労働大臣の許可によって営業中の会社で、JASDAQ上場企業でもありますから、サイトの情報も信用できるのです。

気楽に転職先を見つけられます。
献血の看護師の勤務先は献血センターといったところですから、就業時間は様々です。


安定して休日を取得できないといった課題があります。

看護師という職業は医療機関にとって大事な仕事ですが、働いている側の本音としては残念ながら良いとは言えない労働条件であることが少なくありません。
献血の看護師として働く人が転職しようとする時、職種の異なる職に転職したいと考える人もたくさんいます。けれど、一生懸命に看護師資格をゲットしたのですから、その資格が活きる献血センターを選んだ方が良いでしょう。

かなり異なる職種であっても、有利となる献血センターはいくつも存在します。
努力して得た資格なのですから、活かさないのはもったいありません。

献血の看護師という職業は、過酷な仕事です。

夜の勤務も交代で務めなくてはいけませんし、経営状態のよくない献血センターだと、少ない人数によって回すしかない状態です。過労で鬱になる方もたくさんいて、離職する割合も高いでしょう。

「白衣の天使」と称されますが、現実では、楽な仕事とはとてもいえません。



看護師の業務としては、どんな内容を含んでいるのでしょうか。
朝のうちに、前日の夜勤の担当者から患者の容体を聞いて、引き継ぎをします。この業務は、夜勤と日勤の交代に際して絶対に行われる「申し送り」という業務です。



それが完了すると、入院中の患者さんのバイタル測定を行い、必要によって、清拭とか入浴の介助を行います。
http://www.porotokotan.jp/
↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 献血センターナースのやりがいとストレス All rights reserved.